ウーマン

ハリが欲しいならいつもの化粧品を変えてみよう

いつまでもきれいな肌に

女の人

紫外線予防をしっかりする

シミができることで、顔がくすんだようになったり、老けて見えてしまいます。加齢によることもありますが、大きな原因は紫外線です。紫外線はメラニン色素を増やし、シミができます。紫外線の他、ストレスや肌のトラブル・自律神経の乱れなどによってもシミができやすくなります。一度シミができてしまうと、皮膚科や美容整形などのレーザー治療などでとることや、ビタミンCなどの化粧品で予防やケアをする必要があります。毎日のメイクでシミ隠しを行うことで、上手にシミ隠しができるようになります。特にそばかすや、まだ薄いままのしみには、ファンデーションやコンシーラーなどのシミ隠しで誰にも気づかれない程度にしみをかくすことができます。

コンシーラーを上手に使う

薄いシミの場合は、メイクを工夫することでシミ隠しが可能です。リキッドファンデーションはカバー力があり、薄いしみやそばかすなどはこれだけでかなり隠すことができます。リキッドを塗ってもまだ少し見えるようであれば、パウダーファンデーションでカバーすることで見えづらくなります。シミのできている範囲が大きかったり、少し濃いシミの場合やコンシーラーを使用しましょう。コンシーラーはファンデーションでカバーしきれなかったクマやにきび・そばかすなどを隠すことができます。シミのある部位にコンシーラーを乗せて、指でなじませていきます。ファンデーションとコンシーラーをなじませながら、シミ隠ししていくことで、しみが目立たなくなります。